千恋*万花 聖地巡礼① 京都市(南側)

ゆずソフト聖地巡礼

皆さんらんまんは。関西大好き関東民、アズサイリです。

杏乃
杏乃

こんにちは。月崎杏乃です。

このコーナーは、ゆずソフト作品の聖地巡礼において「公共交通機関を使って回りたい!」「実際に行けないけど旅行気分を味わいたい!」という方向けに、私が実際訪れた順序を元にまとめたものとなります。

記念すべき初回は『千恋*万花』。3本構成の1つ目、京都市南側4ヶ所の紹介です。別の千恋*万花巡礼旅記事は、以下リンクより該当記事へ移動できます。

京都市(北) → 千恋*万花 聖地巡礼② 京都市(北側)
兵庫県 → 千恋*万花 聖地巡礼③ 兵庫県編

先に言っておくと、千恋*万花の聖地巡礼は、ゆずソフト要素抜きにしてもめちゃくちゃ観光として成り立つくらい、あまりにも充実したコースです。私も九州から東北南部まで幅広く飛び交ってる人ですが、このコースは”観光”としてもかなりお気に入りの旅路です。

ということで本題に入りましょう。今回からは私のオリキャラ”月崎杏乃”ちゃんと一緒に解説していきます。

杏乃
杏乃

よろしくお願いしま~す!

京都駅(起点)で下準備

ということで旅の起点、京都駅に降り立ちました。

京都駅中央口
京都駅中央口

この景色で何か既視感を覚えた方、大正解。実はここサノバウィッチに登場する背景だったりします。ただ今回は”千恋*万花”特化なので、説明はこれくらいにします(別記事でちゃんとまとめます)。

杏乃
杏乃

いきなり千恋*万花じゃないけど、ここもゆずソフトファンの巡礼旅には外せないスポットだね。

実はこの撮影地、裏側にバスチケットセンターの建物があります。ということで、

京都市観光マップ(上)と京都市地下鉄・バス1日券(下)

そこで京都市の地下鉄・バス1日券を購入します。

1100円しますが、全区間一律230円の京都市バス初乗りが220円する京都市営地下鉄乗り放題なところを考えると、もとはすぐ取れます。この記事に収まらなかった、千恋の北側+サノバウィッチの聖地もまとめて回るなら、めちゃくちゃオススメです

京都駅→二寧坂(2ヶ所)

さて、まずは京都市バスで”清水道バス停”へ、私たちは206系統の市バスで向かいました(86系統でも行けます)。

杏乃
杏乃

ちょうど春休みの時期で、清水寺に向かう観光客でいっぱいだったよ…。

バス停到着後の移動経路はこちら。途中法観寺の”八坂の塔”という名所を通過するので、比較的分かりやすいかと思います。

二年坂①(穂織の街並み)

そして二年坂(二寧坂)を超えると…

①二寧坂(二年坂)

穂織の街並みその1、通称①壁ドンスポットに到着です。このあたりは平日休日問わず観光客が非常に多いので、画像みたく誰もいない瞬間を狙うのは結構大変です。たまぁに車も通るので注意。

杏乃
杏乃

アズさんこれ撮るために15分待ってたもんね、平日なのに。

一度だけ日中なのに15分粘って撮影したことがありました。早朝深夜なら観光客も少ないので、そっちの方が撮影にはオススメかもしれません。

二年坂②(田心屋横道)

続けてこの画像中央の上り坂を上ると②田心屋スポットです。

②二寧坂の先

ちなみにここ、画像左側に杉養蜂園(京都産寧坂店)さんというお店があり、そこでは『ゆずソフトクリーム(はちみつソフト+ゆず蜜)』を食べることができます。

杏乃
杏乃

すっごく美味しいから、ちょっとした休息気分で是非食べにきて!!

杉養蜂園さんのはちみつソフト+ゆず蜜 ゆずソフトクリーム 聖地巡礼
”ゆず蜜はちみつソフト”とゆずソフトの聖地

ちなみにこの道、奥に進むと観光地の代名詞”音羽山清水寺”に着きます。聖地巡礼ついでに観光していくのもいいかもしれませんね。

二年坂→白川南通(祇園四条駅近辺)

清水道バス停に戻って、2つ先の祇園バス停まで移動。題のとおり、祇園四条駅からも歩いて行けます。

花見小路(穂織の街並み)

八坂神社の正面からのびる市道186号の道沿いに歩くとこんな看板が。ここが③穂織の街並み(目抜き通り)のモデルになった花見小路です。体感ですが再現撮影が非常に難しいです。

花見小路の看板
花見小路の看板
花見小路
③花見小路(2022年3月16日撮影)
ゆずソフト 千恋*万花 穂織の街並み

ちなみにここ、入口に『私道撮影禁止』と書かれているので一見撮影出来ないように感じますが、花見小路自体は撮影OKです。花見小路から横にのびる道の一部+αが私道に該当するそうです。

杏乃
杏乃

画像の左に分岐している道は南園小路って言って、ここも撮影OKなんだって

白川南通(穂織の街並み)

続いてこの花見小路の反対側の道へ、

白川南通の桜
白川南通(2021年3月23日撮影)

白川南通(画像みたいな道)に出るので画像奥方面に向かい、通ってきた道を振り返ると…

白川南通
④白川南通(西側)

ここで④穂織の街並み2(川沿いの道)です。ストーリー開始直後、芦花姉に会う場所です。

杏乃
杏乃

車道ど真ん中だし花見小路以上に車通りが多い(画像後方側から)から、撮影する時は車の動きに注意してね。

時々後ろの道を右折してここを突っ切る車が来ます。もし2人以上で訪れた場合、もう一人に後方を確認してもらった方がいいかもしれません。

北側・兵庫県編のご案内(随時更新)

京都市の前半コースはここで終了。南側4ヶ所は”京都の観光地といえば”なコースばかりで、聖地巡礼感覚で行くとちゃんと観光もできる、個人的にはお気に入りの道です。皆さんも、お時間があれば是非訪れてみて下さい。

杏乃
杏乃

全体的に日陰が少ないから、もし夏に来るなら暑さ対策にも気をつけてね。

京都市は地形上、日中はすごく気温が上がりやすいので、特に夏場は熱中症に注意です。杉養蜂園さんでの休憩も上手く使って巡礼してみて下さい。

以下、冒頭にもある別の千恋*万花巡礼旅記事です。

京都市(北) → 千恋*万花 聖地巡礼② 京都市(北側)
兵庫県 → 千恋*万花 聖地巡礼③ 兵庫県編

こちらは2023年7月に巡礼旅した行程です。千恋*万花の聖地を巡礼した回をピックアップしてまとめているので、参考程度にどうぞ。

穂織の裏山(京都市 吉田山) → 2023初夏の陣(2)
穂織の街並み(京都市中心部)2023初夏の陣(3)
建実神社(兵庫県 生田神社)2023初夏の陣(6)

※今回は2023年3月24日、フォロワーさんと共に訪れた順序を参考にしています。日付の記載がないものは全て同日に撮影したものです。末筆ではございますが、同行して下さりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました